BCPへの対応力を強化した「三鷹第二データセンター(仮称)」の建設を開始(NTTデータ) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

BCPへの対応力を強化した「三鷹第二データセンター(仮称)」の建設を開始(NTTデータ) 1枚目の写真・画像

 NTTデータは25日、「三鷹第二データセンター(仮称)」(東京都三鷹市)の建設を開始することを発表した。竣工は2018年2月の予定。床面積、収容ラック数、最大受電容量において国内最大級の規模となる。

製品・サービス・業界動向
三鷹第二データセンターの完成イメージ。延床面積約38,000平方メートル、最大約5,600ラックの収容が可能な、国内最大級のデータセンターとなる(画像はプレスリリースより)
三鷹第二データセンターの完成イメージ。延床面積約38,000平方メートル、最大約5,600ラックの収容が可能な、国内最大級のデータセンターとなる(画像はプレスリリースより)

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×