【画像】ロシアのWebサイトで全世界のネットワークカメラ映像が流出、騒動の原因を検証 (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

ロシアのWebサイトで全世界のネットワークカメラ映像が流出、騒動の原因を検証 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

監視カメラは2020年に向けて日本国内でのニーズも高まっており、個人から官公庁、自治体までさまざまな場所で設置が進んでいる。中でもネットワークカメラは主流になりつつある製品ジャンルだ(撮影:防犯システム取材班)
監視カメラは2020年に向けて日本国内でのニーズも高まっており、個人から官公庁、自治体までさまざまな場所で設置が進んでいる。中でもネットワークカメラは主流になりつつある製品ジャンルだ(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

    2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

  2. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

    公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  3. 「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

    「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

  4. データ漏えい時に発生したコストがグローバルで10%減少、米国などは増加(日本IBM)

  5. 新たなアプローチ「ライブメモリ分析」により企業への標的型攻撃を検出

  6. KPMG , LAC流「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践活用法(KPMGコンサルティング、ラック)

  7. 総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR)

  8. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  9. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  10. 約3割がスマートフォンを利用する前と比べて電話やEメールをする機会が減少(ジャストシステム)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×