【画像】【RSA Conference USA 2016】 「脅威情報の共有」と「人材不足の打開」の秘訣を説く~RSA キーノート (1/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

【RSA Conference USA 2016】 「脅威情報の共有」と「人材不足の打開」の秘訣を説く~RSA キーノート 1枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

Christopher Young, Senior Vice President and General Manager, Intel Security Group
Christopher Young, Senior Vice President and General Manager, Intel Security Group

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

    x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

  2. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  3. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

    FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  4. セキュリティカンファレンス「2017 MPOWER:Tokyo」、11月9日に開催(マカフィー)

  5. 多様な攻撃から人とクルマを守る多層防御システムを提唱(デンソー)

  6. パケットキャプチャについて一から学ぼう 他(セミナー情報)

  7. Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第1回「標的型攻撃の現状と対策 2015」についてJPCERT/CCの久保正樹氏が語る

  8. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第4回「サイバー攻撃最前線2017」について語る

  9. 「PacSec 2016」を10月26~27日に開催、賞金総額は約6,700万円(PacSec)

  10. [Black Hat USA 2015] バイナリ解析とシンボリック実行で脆弱性を探し出す「angr」

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×