【画像】手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.15(金)

手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

復号処理(クライアント端末)のイメージ
復号処理(クライアント端末)のイメージ

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  2. 12回目となる重要インフラにおける分野横断的演習、今回は12月13日に開催(NISC)

    12回目となる重要インフラにおける分野横断的演習、今回は12月13日に開催(NISC)

  3. 29年度サイバーセキュリティ政府予算600億円、厚労省と年金機構に47億 他(NISC)

    29年度サイバーセキュリティ政府予算600億円、厚労省と年金機構に47億 他(NISC)

  4. iBeaconに対するセキュリティ上の誤解を解説、注意すべきは偽ビーコンやなりすまし

  5. IoT機器のデータを共通鍵方式で暗号化するセキュリティサービスを開始(凸版印刷)

  6. グループウェア「Aipo」の無料提供を開始、安否確認機能も利用可能(NECビッグローブ)

  7. ペネトレーションテスト向けツールの最新版を発売、高速化や強化を実施(Core Security)

  8. インターネットを利用した事件や事故をまとめた年鑑「アクトンファイル2000」を発刊(アクトンテクノロジィ)

  9. 「FinalCode」新版、Android版の無料閲覧アプリを提供開始(デジタルアーツ)

  10. クリプト便に送信先でのファイル不正利用や情報漏えいを防ぐオプション(NRIセキュア)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×