【画像】手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

暗号化処理のイメージ
暗号化処理のイメージ

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

    IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

    ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  4. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  5. IT統合管理ソフトウェア「AssetView」の新版、ランサムウェア対策など搭載(ハンモック)

  6. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  7. グループ社員を対象にオンラインCTFを開催、SECCONでも初心者向けCTF開催(NEC)

  8. 制御システムにサイバー攻撃があった際に、事業継続が可能かを判断(日立)

  9. 近畿日本ツーリスト、ウイルスを防いだ旨の告知メールで情報漏洩

  10. 児童ポルノ所持の罰則適用開始を受け、ファイル共有ソフトの一斉パトロール(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×