【画像】手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

暗号化処理のイメージ
暗号化処理のイメージ

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 対 日本サイトアタック情報掲示板( http://blue.blue.ac/bbs/cyclamen.cgi )に寄せられた情報のまとめ

    対 日本サイトアタック情報掲示板( http://blue.blue.ac/bbs/cyclamen.cgi )に寄せられた情報のまとめ

  2. データ受け渡しの際のUSBメモリでの不正持ち出しや紛失を防止(NTTソフトウェア)

    データ受け渡しの際のUSBメモリでの不正持ち出しや紛失を防止(NTTソフトウェア)

  3. IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

    IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  6. 世界初のアルゴリズムで安全性評価が可能な匿名加工情報作成ツールを開発(KDDI研究所)

  7. 業務委託先で顧客の個人情報を記録したPCが盗難被害(久光製薬)

  8. サイト運営者がWAFを導入する際の参考となる解説資料を公開、製品も紹介(IPA/ISEC)

  9. MSNの新サービス「MSN Premium」にMcAfee製品を提供(米Network Associates)

  10. 「MEGAUPLOAD」を通じてコミックを無断でアップロードしていた少年を逮捕(ACCS)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×