【画像】真贋判定用UHFラベルを用いて偽造品対策(凸版印刷) (3/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

真贋判定用UHFラベルを用いて偽造品対策(凸版印刷) 3枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

真贋判定用UHFラベルの内部構造。UHF帯を使ったICタグなので従来のICタグよりも効率のいい検品作業が行える(撮影:防犯システム取材班)
真贋判定用UHFラベルの内部構造。UHF帯を使ったICタグなので従来のICタグよりも効率のいい検品作業が行える(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

    IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  2. 来年度からは「日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」として継続(NISC)

    来年度からは「日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」として継続(NISC)

  3. Mac向けユーティリティの最新版、ファイルの完全消去機能など搭載(トレンドマイクロ)

    Mac向けユーティリティの最新版、ファイルの完全消去機能など搭載(トレンドマイクロ)

  4. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. 3分野を4レイヤで守るIoT向け戦略を発表、監視カメラから犯罪者が消えるデモも(トレンドマイクロ)

  7. 情報漏えい防止ソフト「SafeBoot」の販売開始(富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)

  8. 統合セキュリティアプライアンス「SonicWALL PRO230/330」の国内販売開始(米SonicWALL)

  9. 「GUARDIANセキュリティ サービス」に7つ目のサービス「メール無害化」追加(キヤノンITS)

  10. 制御システムにサイバー攻撃があった際に、事業継続が可能かを判断(日立)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×