【画像】真贋判定用UHFラベルを用いて偽造品対策(凸版印刷) (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.21(月)

真贋判定用UHFラベルを用いて偽造品対策(凸版印刷) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)
真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

    顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  2. 高齢者やキッズ向けの緊急通報システムなどを備えたSIMフリー端末を発表(マザーコンシェルジュ)

    高齢者やキッズ向けの緊急通報システムなどを備えたSIMフリー端末を発表(マザーコンシェルジュ)

  3. 国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

    国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

  4. 電話帳や発着信履歴をクラウド上に保存する法人向け電話サービスを開始(NTTエムイー)

  5. ネットワークセキュリティ市場が拡大、今後も拡大を見込む(富士キメラ総研)

  6. 給料、現場、成長…、セキュリティの仕事の「今」をセキュ鉄の服部氏に聞いた

  7. 大手サイトの「4つのやりません宣言」 サイバーノーガード戦法を超えた必殺のサイバークロスカウンター!

  8. 「ポケモンGO」のBAN基準を解説、サーバーからデータを不正取得するマップツールは引き続きBAN対象に(ナイアンティック)

  9. ロシアのWebサイトで全世界のネットワークカメラ映像が流出(4) 遠隔監視を行う際のセキュリティ対策

  10. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×