【画像】地震発生時に自動でブレーカーを落として通電火災を防止(エヌ・アイ・ピー) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

地震発生時に自動でブレーカーを落として通電火災を防止(エヌ・アイ・ピー) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

阪神淡路大震災の時に発生した火災のうち、6割が通電火災と言われている。本製品は台座のリングを調整することで、震度5強、6強、7以上と動作の設定を行うことが可能だ(画像はプレスリリースより)
阪神淡路大震災の時に発生した火災のうち、6割が通電火災と言われている。本製品は台座のリングを調整することで、震度5強、6強、7以上と動作の設定を行うことが可能だ(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

    IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  2. IT統合管理ソフトウェア「AssetView」の新版、ランサムウェア対策など搭載(ハンモック)

    IT統合管理ソフトウェア「AssetView」の新版、ランサムウェア対策など搭載(ハンモック)

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. 仮想の企業をネットワーク上に構築、サイバー攻撃を誘引し挙動を観測(NICT)

  6. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  7. NRIセキュアとユービーセキュア、Webセキュリティ診断で資本・業務提携(NRIセキュア、ユービーセキュア)

  8. 2016年のDLP市場規模は56億円、暗号化・鍵管理は129億円、今後3%台で成長(IDC Japan)

  9. 「Oracle Exadata」に最適化し、高速バックアップと復元を実現するストレージ新製品の国内提供開始(日本オラクル)

  10. 来年度からは「日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」として継続(NISC)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×