インテリジェンスセンター設立、X-Forceと連携や人材育成も(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

インテリジェンスセンター設立、X-Forceと連携や人材育成も(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は1月29日、サイバーセキュリティ・スペシャリストが集まる組織「セキュリティー・インテリジェンス・センター」を2月1日に設立すると発表した。同センターは、ユーザのサイバーセキュリティ対策を支援する中核となり、世界的なセキュリティ研究開発機関であるIBM X-Forceのナレッジや専門知識の活用、セキュリティ・スペシャリストによる人材の育成を推進する。

コマンドセンター(司令塔)の役割を担う同センターでは、事前の対応計画策定から事故対応までの一貫したセキュリティ対策を支援する「IBM X-Force IRIS(Incident Response and Intelligence Services)」や、エシカル・ハッカー(倫理的なハッカー)によるテスト・サービス「IBM X-Force Red」といった既存のサービスを提供するセキュリティ・スペシャリストが、最新の実践的なスキルや知見を共有することにより、さらなる能力の向上を図ることができるとしている。また今後は、セキュリティ人材を育成するための研修プログラムを開発し、企業向けに提供していく。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×