【画像】福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社) 2枚目の写真・画像

インシデント・事故

日本赤十字社による告知
日本赤十字社による告知

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. AdobeやMS等14種類415本の不正コピーを匿名通報、国内史上最高額1億7千万円(BSA)

    AdobeやMS等14種類415本の不正コピーを匿名通報、国内史上最高額1億7千万円(BSA)

  2. 教員のログイン情報でシステムなどに不正アクセス、8万件以上の個人情報が漏えい(大阪大学)

    教員のログイン情報でシステムなどに不正アクセス、8万件以上の個人情報が漏えい(大阪大学)

  3. 市のホームページで個人情報が閲覧可能な状態に(大阪府松原市)

    市のホームページで個人情報が閲覧可能な状態に(大阪府松原市)

  4. 「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

  5. 外部からの不正アクセスで「ViVi」公式通販サイトから個人情報が流出(講談社)

  6. ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

  7. サイト変更の際の誤操作で会員情報が閲覧可能な状態に(横浜市社会福祉協議会)

  8. 「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

  9. 「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

  10. Webショップに不正アクセスでカード情報流出の可能性(城山観光)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×