【画像】福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

「日本赤十字社」サイト
「日本赤十字社」サイト

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 「相棒12」の海賊版を販売していた「録画代行サービス」の男性を送致(ACCS)

    「相棒12」の海賊版を販売していた「録画代行サービス」の男性を送致(ACCS)

  2. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

    「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  3. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

    12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  4. システム不具合により個人信用情報センターに誤登録、ローン契約不成立などの影響も(JASSO)

  5. クラックプログラム販売の男性に、懲役2年罰金200万円の有罪判決(BSA)

  6. カーナビソフトの海賊版をオークションで販売していた男性を逮捕(ACCS)

  7. Steamで他人のアカウント詳細情報にアクセスできてしまう不具合、現在は修正済み

  8. AKB48の写真を謄写したライターをオークションで販売した男性を逮捕(ACCS)

  9. アルテイルネットのサーバ群に不正アクセス、最大20万件の顧客情報流出か(ゲームポット)

  10. アニメ作品の不正アップロードで逮捕の男性、英語教材のCabos公開で逮捕(ACCS)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×