【画像】福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.20(日)

福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

「日本赤十字社」サイト
「日本赤十字社」サイト

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学)

    不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学)

  2. 外部からの不正アクセスで「ViVi」公式通販サイトから個人情報が流出(講談社)

    外部からの不正アクセスで「ViVi」公式通販サイトから個人情報が流出(講談社)

  3. 電子メール管理サーバへの不正アクセスで「フラット35」の個人情報が流出(住宅金融支援機構、優良住宅ローン)

    電子メール管理サーバへの不正アクセスで「フラット35」の個人情報が流出(住宅金融支援機構、優良住宅ローン)

  4. 「ラブライブ!」キャラを無断で印刷した缶バッジを販売、逮捕(ACCS)

  5. 誤ってフィッシングサイトにアクセス、学生や卒業生ら1,466人分の個人情報の漏えい(関西学院大学)

  6. 業務委託先のANAテレマ-ト株式会社が顧客との通話音声記録235件を紛失(ANA)

  7. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  8. 外国籍サーバからの不正アクセスで8,985件の個人情報が流出(グラフィック)

  9. 「OCN ID」が悪意のある第三者に不正使用、1,265IDが被害に(NTTコミュニケーションズ、NTTレゾナント)

  10. ホームページへの不正アクセス、11万件の個人情報が流出の可能性(エフエム愛知)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×