福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

福島県支部サイトが不正アクセス被害、個人情報は保存しておらず利用者に影響はなし(日本赤十字社)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 日本赤十字社は6日、福島県支部サイト(www.fukushima.jrc.or.jp)が不正アクセス被害を受けたことを発表した。

 3日夕方に判明。サイトを一時閉鎖した。7日現在もサイトにはアクセスできない状態となっている。日本赤十字社は、支部・施設ごとにサイトを管理しており、他サイトに直接的な影響はないとしているが、全支部・施設のページを一時閉鎖し、点検を行っているという。一部は現在復旧している模様。

 なお、各サイトでは一般個人情報は保存しておらず、利用者に影響はないとのこと。

日本赤十字社に不正アクセス……全支部・施設ページを一時閉鎖

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×