【画像】災害時の安否確認をビーコンが自動で登録(YCC情報システム) (2/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

災害時の安否確認をビーコンが自動で登録(YCC情報システム) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

部門長が避難場所でアプリを起動し受信をオンにするだけで、ビーコン情報を自動で収集する。収集したデータはパソコンなどで整理して確認することができる
部門長が避難場所でアプリを起動し受信をオンにするだけで、ビーコン情報を自動で収集する。収集したデータはパソコンなどで整理して確認することができる

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. EDR製品と連携し、事前対応から事後対応まで支援する8つのサービスを開始(ソリトン)

    EDR製品と連携し、事前対応から事後対応まで支援する8つのサービスを開始(ソリトン)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 国内セキュリティ市場は2,839億円、2021年は2020年までの反動で軟化予測(IDC Japan)

  5. 公共団体や個人向けにソーシャルメディアサービスの活用指針を公開(経済産業省)

  6. Alert Logic、AWSにつづきMicrosoft Azureに対応(MBSD)

  7. ロシアのWebサイトで全世界のネットワークカメラ映像が流出(2) パナソニックの取り組みとは

  8. 加盟店はカード情報の非保持化あるいはPCI DSS準拠--実行計画まとまる(クレジット取引セキュリティ対策協議会)

  9. VMware対応で、非Windows系のシンクライアントでも指静脈認証が可能に(日立ソリューションズ)

  10. 通信障害の再発防止対策をまとめた報告書を総務省に提出(NTTドコモ、KDDI)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×