大型集客施設からの避難シミュレーションを短時間で行えるプログラムを開発(大成建設) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

大型集客施設からの避難シミュレーションを短時間で行えるプログラムを開発(大成建設) 1枚目の写真・画像

 大成建設は24日、3Dデータを使い大型集客施設からの避難シミュレーションが短時間で行えるプログラムを開発したことを発表した。スタジアムや高層ビルといった人が集まる施設で災害時等に使われる避難通路の幅や配置に問題がないかを

製品・サービス・業界動向
「インプットファイル作成プログラム」は新規にデータを作る必要がない点が、作業短時間化の最大のポイント。図は、本プログラムと従来の避難シミュレーションの流れの違い(画像はプレスリリースより)
「インプットファイル作成プログラム」は新規にデータを作る必要がない点が、作業短時間化の最大のポイント。図は、本プログラムと従来の避難シミュレーションの流れの違い(画像はプレスリリースより)

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×