Winny開発者の金子勇氏が急逝、42歳 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

Winny開発者の金子勇氏が急逝、42歳

 P2Pソフト「Winny」を開発した金子勇氏が7月6日に死去した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 P2Pソフト「Winny」を開発した金子勇氏が7月6日に死去した。

 午後6時55分に急性心筋梗塞にて死去したもので、立命館大学教授の上原哲太郎氏、Winny裁判の担当弁護士である壇俊光氏らが明らかにした。享年42歳。

 金子氏は1970年7月生まれ・栃木県出身。 茨城大学院、日本原子力研究所、エクス・ツールスを経て、東京大学大学院に勤めるとともに「Winny」を開発。2002年に公開した。その後、2004年5月に著作権侵害行為を幇助した共犯の容疑を問われ逮捕された。2006年に京都地裁は有罪判決を下したが、2009年に大阪高裁が逆転無罪判決を下すとともに検察が上告。2011年12月に最高裁が検察側の上告を棄却し、無罪が確定した。

 現在金子氏がファウンダー兼CINO(Chief Innovation Officer)を務めるSkeedによれば、通夜告別式は近親者のみにて執り行われる予定。

「Winny」開発者の金子勇氏が急逝……42歳

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×