【画像】多くの企業の被害調査から得られた「標的型攻撃」に関する知見を公開(ラック) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.21(木)

多くの企業の被害調査から得られた「標的型攻撃」に関する知見を公開(ラック) 2枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

複数の RAT の接続先が同じだったケース
複数の RAT の接続先が同じだったケース

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 平日と土日で変わるサイバー攻撃傾向~フォーティネット調査

    平日と土日で変わるサイバー攻撃傾向~フォーティネット調査

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. GDPR施行に向け「準備万端」は10%にとどまる--グローバル調査(ウォッチガード)

    GDPR施行に向け「準備万端」は10%にとどまる--グローバル調査(ウォッチガード)

  4. SQLインジェクションを使用してSEOを操作するキャンペーンを確認(アカマイ)

  5. 「セキュリティ」が前年に引き続き最優先のIT投資領域に(IDC Japan)

  6. 一田和樹「サイバーテロ 漂流少女」(ブックレビュー)

  7. 重要なインシデントにつながる脆弱性に対する早期対策を呼びかけ(ラック)

  8. 新たなRAT「Trochilus」を検出、標的はアジアの政府と非政府組織(アーバーネットワークス)

  9. 全携帯端末出荷台数に占めるスマートフォンの比率は50%を超える(IDC Japan)

  10. 悪質なトロイの木馬には脆弱性対策が最も有効--10月度レポート(マカフィー)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×