【画像】ロシア政府にとって最も有益と思われる機密情報の収集に特化した「APT28」(ファイア・アイ) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

ロシア政府にとって最も有益と思われる機密情報の収集に特化した「APT28」(ファイア・アイ) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

レポート「APT28:ロシア政府から支援を受けたサイバー・スパイ活動の可能性について」
レポート「APT28:ロシア政府から支援を受けたサイバー・スパイ活動の可能性について」

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

    2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

  2. Facebookの“いいね”機能を乗っ取るマルウェアが急増--四半期レポート(マカフィー)

    Facebookの“いいね”機能を乗っ取るマルウェアが急増--四半期レポート(マカフィー)

  3. 「逆向誘拐」文 善(ブックレビュー)

    「逆向誘拐」文 善(ブックレビュー)

  4. 2012年上半期の標的型攻撃の傾向、約半数の攻撃が共通のインフラを利用(トレンドマイクロ)

  5. ブックレビュー Brian Krebs著「Spam Nation」 (3) 摘発と抗争の激化

  6. コミュニティサイト起因の被害児童、「保護者の注意なかった」58.6%

  7. ソフトウェア脆弱性関連情報の届出は同傾向で推移--IPA四半期レポート(IPA)

  8. 上位は標的型攻撃、不正ログイン、サイト改ざん--「2014年版 10大脅威」(IPA)

  9. ランサムウェア、アクセス試行IDなど、データでみる2016年のサイバー脅威(エフセキュア)

  10. IoT機器への不正アクセスが目的と思われる、MQTTによる探索行為が増加(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×