【画像】自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識(Imperva Japan) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.23(木)

自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識(Imperva Japan) 2枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

社内の情報、データへのアクセス権限の現状について、64.4%(67名)が不安を感じている
社内の情報、データへのアクセス権限の現状について、64.4%(67名)が不安を感じている

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

    SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

  2. 東日本大震災から2年が経過、人々の防災意識の変化をまとめる

    東日本大震災から2年が経過、人々の防災意識の変化をまとめる

  3. 日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

    日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

  4. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  5. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2013」(イード)

  6. スマートフォンユーザの約2割はウイルスの存在を知らず--IPA意識調査(IPA)

  7. 攻撃性の高い中国ハッカー約50組織を分析「中国対日有害サイバー組織総覧2012」(ネットセキュリティ総合研究所)

  8. 国内サーバ市場は年間平均成長率マイナス3.3%で縮小すると予測(IDC Japan)

  9. PC用ブラウザシェアはGoogle Chromeが首位に、Internet Explorerはセキュリティ的観点から離反ユーザーも(米ネット・アプリケーションズ)

  10. Apache Struts2などの情報収集と脆弱性対応が重要--JVN登録状況(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×