自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識(Imperva Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.24(水)

自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識(Imperva Japan)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社Imperva Japanは3月24日、「データ・セキュリティに関する意識調査」の結果を発表した。本調査は2013年11月、企業の情報やデータに携わる職種の社会人を対象としてWebアンケートにより実施されたもの。有効回答数は104名で、総務、法務・知財関連部署52名、情報システム関連部署52名が含まれている。調査結果によると、自社の情報やデータの漏えいに対して、85.5%(89名)が危機意識を持っており、自社が保有する情報やデータで、最も守りたいものは「お客様情報」が58.7%(61名)を占めた。

自社や世間で起こっているサイバー攻撃に対する印象は、「手法やターゲットが変化してきている」が75%(78名)となり、「特にこれまでと変わらない」が25%(26名)となっている。情報やデータ漏えいの対策として導入している、もしくは導入している可能性が高いソリューションは、ファイアウォールが66.3%(69名)で1位、不正プログラム(ウイルス)対策が61.5%(64名)で2位となった。ユーザ(社員、関係会社、協力会社含む)のデータへのアクセス権限の付与状況では、26.9%が「把握していない」と答えた。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

    「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

  2. 標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

    標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

  3. 政治的な破壊的攻撃、1/131通が悪意のメール、ランサム266%増加--脅威レポート(シマンテック)

    政治的な破壊的攻撃、1/131通が悪意のメール、ランサム266%増加--脅威レポート(シマンテック)

  4. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  5. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  6. Apache Struts2などの情報収集と脆弱性対応が重要--JVN登録状況(IPA)

  7. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  8. セキュリティ投資は大幅に増加するも、効果的な投資は行われていない日本(Thales e-Security)

  9. 過去1年で1割近くの企業がランサムウェア被害を経験--実態調査(IDC Japan)

  10. 情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は1千億円に迫る(ミック経済研究所)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×