【画像】SIMやセキュアチップに搭載できる、M2M向けのセキュリティアプリを開発(DNP) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.20(日)

SIMやセキュアチップに搭載できる、M2M向けのセキュリティアプリを開発(DNP) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

正当な機器の場合
正当な機器の場合

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. サンドボックス機能をWebブラウザのプラグインとして提供(チェック・ポイント)

    サンドボックス機能をWebブラウザのプラグインとして提供(チェック・ポイント)

  2. 国内セキュリティ市場は2,839億円、2021年は2020年までの反動で軟化予測(IDC Japan)

    国内セキュリティ市場は2,839億円、2021年は2020年までの反動で軟化予測(IDC Japan)

  3. 「Yahoo!かんたん決済」不正利用対策としてパトロール体制を見直し、不正検知を強化ヤフオク!(ヤフー)

    「Yahoo!かんたん決済」不正利用対策としてパトロール体制を見直し、不正検知を強化ヤフオク!(ヤフー)

  4. FacebookやLINEなどが参加し「夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーン」を実施(文部科学省)

  5. C&Cサーバとの通信をブロックする標的型攻撃対策機能を追加(ソフォス)

  6. ユーザーごとに異なる電子透かしを埋め込んだ動画コンテンツを高速生成する技術を共同開発、違法アップロードを簡単に特定可能(KDDI研究所、MDIS)

  7. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  8. 「CEC SOC」を開設、標的型攻撃対策を総合的に支援(シーイーシー)

  9. 「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×