検知されたマルウェアの初動判定を短時間で実施できる独自サービス(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

検知されたマルウェアの初動判定を短時間で実施できる独自サービス(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、同社独自の「クイックトリアージサービス」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マクニカネットワークス株式会社は10月1日、同社独自の「クイックトリアージサービス」の提供を開始すると発表した。同サービスは、標的型サイバー攻撃対策を推進するさまざまな製品ラインナップを補完するサービスとして提供するもので、ユーザの環境でマルウェアを検知した際に、マルウェアの概略および解析結果を迅速に報告するサービスとなっている。販売価格は120万円/年間(税抜)。

一定時間内にマルウェアの緊急度を判定することや、マルウェアの動作の調査は、マクニカネットワークスがマルウェア解析ツールおよび、インテリジェンスやセキュリティデータベースとの照合を行う。これにより、検知したマルウェアが「自社を標的にした攻撃の一部」などマルウェアの緊急度の高い、真に脅威となり得る攻撃なのかどうかを知ることができ、適切な初動対応を実施することが可能になるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×