【画像】不正侵入により期限切れのOperaのコードサイニング証明書が盗まれる、マルウェアの署名に悪用の可能性も(ソフォス) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

不正侵入により期限切れのOperaのコードサイニング証明書が盗まれる、マルウェアの署名に悪用の可能性も(ソフォス) 1枚目の写真・画像

脆弱性と脅威

Operaセキュリティグループによる発表
Operaセキュリティグループによる発表

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

    8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  2. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  3. ソニーの複数のファイル管理ツールに任意コード実行の脆弱性(JVN)

    ソニーの複数のファイル管理ツールに任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 月例セキュリティ情報を公開、早めの対応を(日本マイクロソフト)

  5. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 掃除機能搭載ロボット「COCOROBO」に任意の操作を実行されるなどの脆弱性(JVN)

  7. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  8. 衆参両院へのサイバー攻撃は一連の可能性、15日間メールを閲覧された形跡(衆議院・参議院)

  9. Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  10. 「PukiWiki Plus!」にXSSの脆弱性、最新版へのアップデートを(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×