[Black Hat USA 2014 レポート] デロイト トーマツ のサイバーセキュリティチームの実態(1)デロイト アルゼンチンチームの新人育成と海外展開 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.30(木)

[Black Hat USA 2014 レポート] デロイト トーマツ のサイバーセキュリティチームの実態(1)デロイト アルゼンチンチームの新人育成と海外展開

特集 特集

「4大会計事務所」のひとつとして、日本国内では監査法人としてその名を知られるデロイト トーマツ グループが、国毎にサイバーセキュリティチームを擁し、SOC 運営やマルウェア解析、C&C サーバの調査までを行っていることは、まだあまり知られていない。

8月に米ラスベガスで開催された Black Hat USA 2014 に集結した、デロイト トーマツ グループの、海外及び日本のサイバーセキュリティチームに取材し、共通点や、国別に異なる個性を明らかにする。

DEF CON 22 の会場でインタビューの機会を得た デロイト アルゼンチン サイバーセキュリティチーム ディレクター Luciano Martins 氏に話を聞いた。



――あなたはサイバーセキュリティチームの責任者として、どんな仕事をしていますか?

ソースコード監査やペネトレーションテスト、Wifiの安全調査などの業務の他に、チームメンバーのリクルートから教育訓練まで担当しているよ。ペネトレーションテストでは、ネットワークや Web アプリケーションはもちろん、ATM や POS システムに対するテストも最近は多いね。


――アルゼンチンチームは、US や、カナダなど、海外のデロイト トーマツ グループのサイバーチームとの仕事が多いと聞きました。国内だけにとどまらず、海外で活躍する理由はなんですか。

それは私のチームがすごく優秀だから(笑)。それ以外にも理由があって、アルゼンチンはまだサイバーセキュリティの需要が大きい市場ではないから、私たちが成長するために、積極的に海外に出て行かなければならないんだ。アルゼンチンでは、まだ比較的単純な攻撃が多いからね。カナダ、オーストラリア、US、ルクセンブルク、デンマーク、ブラジル。世界のあらゆる国のデロイトのサイバーセキュリティチームと協同して仕事をしている。もっともっと、アルゼンチンチームをグローバルな存在にして、大きく、有名にしたいね。


――そのために、あなたが Black Hat で講演するような機会を得たいと思いますか?

そういうつもりはなくて、私個人としては Black Hat で講演するようなテーマもネットワークも持っているつもりだけれど、それをやっても、私一人が目立つだけでつまらない。あくまで、チームとして目立つこと、成長することが私の目的だ。組織・チームは、個人よりもずっと長い年月仕事ができるし、それだけ世の中にいい影響を与えることができるからね。


――そんな組織作りのために一番大事にしている点は何ですか?

チームのメンバーに、いかに情熱、パッションを持ってもらうかに限ると思っている。変化の早いセキュリティの世界で、新しい知識を吸収し続けるためには、それが一番大事だと思うよ。


――日本では、セキュリティ技術者が圧倒的に不足しています。若い世代にパッションを持って成長してもらうために、あなたが心がけていることを教えてくれませんか?

若い世代の人が、どう解析したらいいかわからないような攻撃に出くわしたり、自分より遥かに能力の高い人と一緒に仕事をするときに、あきらめたり、やる気をなくしたりするのはよくあることだよ。でも、反対に彼らは新しいことの吸収も早い。私がやっているのは、こういう Black Hat のような国際会議に若手をどんどん連れてきて、最新のエキサイティングな事例をたくさん触れさせて、見せることだと思っている。


――ありがとうございました。日本を訪れて東京チームと協働するときにまた取材させてください。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

    ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

  2. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」   第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

    工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  3. [数字でわかるサイバーセキュリティ] IPA 10 大脅威 2017、前年に続き組織 1 位は標的型攻撃

    [数字でわかるサイバーセキュリティ] IPA 10 大脅威 2017、前年に続き組織 1 位は標的型攻撃

  4. [セキュリティ ホットトピック] 改正個人情報保護法、変更点・注意点などガイドライン公表

  5. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  6. 生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

  7. piyolog Mk-II 第11回 「佐賀県学校教育ネットワークへの不正アクセス事件を振り返り気になったコト」

  8. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2016年「セキュリティ十大ニュース」、1位は“IoT機器によるサイバー攻撃”

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  10. [セキュリティ ホットトピック] 業務連絡に見せかけたウイルス付きメールが大量発生、「発注書」「添付写真」に注意を

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×