Black Hat USA / DEF CON | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

Black Hat USA / DEF CON

2019年8月にラスベガスで開催された世界最大級のサイバーセキュリティ国際会議 Black Hat USA 2019 の現地取材レポートをお届けします

Black Hat USA 2019CLOSE▲

Black Hat USA 2018 OPEN▼

Black Hat USA 2015 / DEF CON 23OPEN▼

Black Hat USA 2014 / DEF CON 22OPEN▼

Black Hat USA で喝采、macOS への 3 つの攻撃デモ 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

Black Hat USA で喝采、macOS への 3 つの攻撃デモ

 2022年BlackHat USAにて、この AppKit の脆弱性を利用した攻撃手法が公開された。発表者は Computest 社のリサーチャー Thijs Alkemade 氏。

よみがえる幽霊(Spectre)、Wasmサンドボックス回避 ほか ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2022 注目セッション 画像
研修・セミナー・カンファレンス 構成・執筆:中尾 真二/取材:ScanNetSecurity 編集部

よみがえる幽霊(Spectre)、Wasmサンドボックス回避 ほか ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2022 注目セッション

鵜飼氏:今年は、昨年より日本人の参加が増えそうですね。まわりには「今年は行くよ」という人を去年より多く見かけます。アメリカではコロナは終わったみたいな雰囲気もありますし、帰国時の自主隔離期間が短縮されたので、昨年より渡航しやすくなってるようですね。

レッドチームとペネトレーションテスター必読:LOTL から C2フレームワークへ 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

レッドチームとペネトレーションテスター必読:LOTL から C2フレームワークへ

Black Hat USA の Briefings でハッキングツールやフレームワークの詳細オペレーションが解説されたのは珍しい。

気送管システムで DOOM をプレイ !? ハッカーが病院システムの脆弱性指摘 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

気送管システムで DOOM をプレイ !? ハッカーが病院システムの脆弱性指摘

気送管システム(Pneumatic Tube System:PTS)をご存じだろうか。カルテや薬、サンプルなどを入れたカプセルをチューブを使って運ぶシステムだ。国内でも大病院で導入しているところもあり、海外でも現役のシステムだ。そしてハッカーたちはこのシステムも見逃さない。

一般ユーザーがそれと知らず利用され やがてサイバー犯罪者化するプロセス ~ そのコンバージョン率 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

一般ユーザーがそれと知らず利用され やがてサイバー犯罪者化するプロセス ~ そのコンバージョン率

質量効果(Mass Effect)とは、冶金の世界では素材の質量によって内部まで焼き入れがされない状態を意味する。医学の世界では(主にガン)細胞などが圧力や刺激によって増殖が加速する現象を指す。サイバーセキュリティでは…

強力な事故調査権限と影響力を持つ NTSB(米国家運輸安全委員会)のサイバー版を作る議論 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

強力な事故調査権限と影響力を持つ NTSB(米国家運輸安全委員会)のサイバー版を作る議論

サイバー攻撃の調査に国家が介入するより、民間企業や専門家が担当するほうが民主的であり何倍もマシであることは確かかもしれない。しかし、インシデントの調査委員は「第三者委員」と言われてはいるものの、当事者による人選で委託されるケースは多い。

サイバー攻撃組織が「従業員研修」に用いる40ギガバイトの動画が発見される 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

サイバー攻撃組織が「従業員研修」に用いる40ギガバイトの動画が発見される

サイバーセキュリティでは、行動のイニシアティブをとりやすい攻撃者側が有利とされている。防御側から攻撃を与えることはできず、備えて待つしかない。しかし、稀に防御側(つまり我々)が攻撃側を出し抜くこともある。

女性セキュリティ研究者を 0 %から 50 %に増やす ~ あるセキュリティ企業の取り組み 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

女性セキュリティ研究者を 0 %から 50 %に増やす ~ あるセキュリティ企業の取り組み

2018年、シマンテックはエンタープライズ部門を強化する意味でイスラエルJavelin Networksを買収した。目的は、同社のポートフォリオにMicrosoft ActiveDirectory向けソリューションをラインナップするため。

3行コードなのに正しく実装されないセキュリティプロトコル、Zerologonの脅威 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

3行コードなのに正しく実装されないセキュリティプロトコル、Zerologonの脅威

Active Directoryのドメインコントローラー(DC)の権限が奪取される「Zerologon」の脆弱性(CVE-2020-1472)。2020年に発見されたものだが、暗号鍵をオールゼロにすることで認証をバイパスできるという盲点をつくようなプロトコルの欠陥が話題となった。

見えないメモリ「対フォレンジックマルウェア」とは 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

見えないメモリ「対フォレンジックマルウェア」とは

マルウェアの中には、攻撃検知を回避するため、実行中のプロセスメモリを悪用して悪意のあるコードを実行するものがある。これがやっかいなのは、メモリは、そのアプリケーションやプロセスが終了すると、その領域は開放され再利用されて痕跡が残らないことだ。

偽4G基地局捜索「ワニ狩り」プロジェクト 結果報告 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

偽4G基地局捜索「ワニ狩り」プロジェクト 結果報告

論文名は「 Gotta Catch ’Em All 」となっている。このタイトルはアニメポケットモンスターのセリフ(ポケモンゲットだぜ)の英語表記。Yomna 氏は大のポケモンファンだそうだ。

サイバー時代に開花、ロシアの選挙妨害戦術の長い歴史 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

サイバー時代に開花、ロシアの選挙妨害戦術の長い歴史

ブーズ・アレン・ハミルトン氏が、ロシアがこれまでにどんな国に選挙介入を行ってきたかの分析結果を発表した。

「ワシントンD.C.に行きたいか !?」~ 大統領カップ争奪、サイバー人材発掘育成クイズ 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

「ワシントンD.C.に行きたいか !?」~ 大統領カップ争奪、サイバー人材発掘育成クイズ

アメリカは、2019年から「大統領杯サイバーセキュリティ競技」(President's Cup Cybersecurity Competition)を開催している。2020年に続き2021年も開催が決定した。どんな大会でどんな狙いがあるのだろうか。

注目はハードウェア防御、そして安全保障へのシフト ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2021 注目セッション 画像
研修・セミナー・カンファレンス 構成・執筆:中尾 真二/取材:ScanNetSecurity 編集部

注目はハードウェア防御、そして安全保障へのシフト ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2021 注目セッション

「ScanNetSecurity に夏を告げる男」こと FFRI 鵜飼裕司に、 Black Hat USA レビューボードメンバーだからこそ自身が注目するセッションについて話を聞いた。

最新医療系 IT システムのセキュリティを「生体検査」、見えてきた脆弱性 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

最新医療系 IT システムのセキュリティを「生体検査」、見えてきた脆弱性

米国は医療先進国であると同時に医療ITの先進国でもある。当然セキュリティも話題になるが、ペースメーカーや医療機器のハッキングに関する議論が目立つ。しかし、患者視点で医療ITやアプリの問題を取り上げたものは多くない。

電子カルテシステムの脆弱性、米薬害訴訟 オピオイドクライシスきっかけで明らかに 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

電子カルテシステムの脆弱性、米薬害訴訟 オピオイドクライシスきっかけで明らかに

2019年、ある薬害事件が全米を震撼させた。製薬会社が鎮痛剤の副作用などを偽り過剰投与された患者が精神障害や中毒症状を引き起こし、2017年には4万7千人が死亡した事件だ。

オンラインシミュレーションゲームを人工知能でチートする研究 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

オンラインシミュレーションゲームを人工知能でチートする研究

ペンシルバニア州立大学のXinyu Xing氏らのチームはDRLを利用してゲームに(異常に高い確率で)勝つAIボットを研究している。

もうひとつのイタリア名物「合法スパイウェア」 ~ EXODUS 事件をふりかえる 画像
国際 中尾 真二( Shinji Nakao )

もうひとつのイタリア名物「合法スパイウェア」 ~ EXODUS 事件をふりかえる

2019年に発見されたEXODUSはアンダーグラウンドのハッカーではなく、イタリアのセキュリティベンダーによって開発されたとされる。EXODUSを発見し調査を行った研究者のレポートをもとに、このマルウェアの背景などをまとめたい。

AIで自分のクローンを作る方法 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

AIで自分のクローンを作る方法

専門は機械学習であるバス氏は、ネットフリックスのドラマにも触発され、バーチャル空間に自分の人格を学習させた疑似人格を生成する実験を始めたという。

中露が展開する世論ハッキング「キルチェーン」概要 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

中露が展開する世論ハッキング「キルチェーン」概要

スタンフォード大学インターネット観測所は、TwitterやFacebook他のアカウントを数万から数百万、プロフィールを含め解析し、とくに中国とロシアの世論操作(Hacking Public Opinion)の手法を研究した。その内容がBlackHat USA 2020の基調講演で発表された。

いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

毎年「夏を告げる男」として鵜飼さんのインタビューを ScanNetSecurity に掲載しているのですが今年はいつもと違う夏になりました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×