10位には遠隔操作ウィルスも、「ネット流行語大賞 2013」を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

10位には遠隔操作ウィルスも、「ネット流行語大賞 2013」を発表

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 その年にインターネット上で流行した流行語を投票によって決定する「ネット流行語大賞 2013」が発表された。また、加えて今年からは「アニメ流行語大賞 2013」も実施された。

 2007年よりスタートした未来検索ブラジル主催の「ネット流行語大賞」。過去には「アサヒる」(2007年)、「あなたとは違うんです」(2008年)、「※ただしイケメンに限る」(2009年)、「そんな装備で大丈夫か?」(2010年)、「ポポポポーン」(2011年)、「ステマ」(2012年)といった流行語が年間大賞金賞に選ばれている。

 今年、「ユーキャン新語・流行語大賞」では「じぇじぇじぇ!」など史上最多となる4語が大賞に選ばれて話題となったが、「ネット流行語大賞」でもそのうちの1つ、東進ハイスクール講師の林修氏がCMなどで言ったセリフ「いつやるの? 今でしょ!」が年間大賞金賞に。次いで銀賞が「激おこプンプン丸」、銅賞が「倍返しだ!」となった。

 4位以下、10位までには、Twitter上で自らバカ行為を晒すことを指す「バカッター」や、人気ゲーム『艦隊これくしょん』を略した「艦これ」、労働環境が劣悪な企業を指す「ブラック企業」などがランクイン。「お・も・て・な・し」も5位に入ったが、「じぇじぇじぇ!」はランク外だった。

4位 …… バカッター
5位 …… 艦これ
5位 …… お・も・て・な・し
7位 …… ブラック企業
8位 …… ふなっしー
9位 …… アベノミクス
10位 …… あ・・・(察っし)
10位 …… 遠隔操作ウィルス

 今年から始まった「アニメ流行語大賞 2013」で、年間大賞金賞に選ばれたのは「にゃんぱすー」。アニメ『のんのんびより』の登場キャラクター宮内れんげが使用する言葉だ。銀賞は『進撃の巨人』の登場キャラクター、エレン・イェーガーが放ったセリフ「駆逐してやる」。正確には「あいつら……駆逐してやる!この世から……一匹残らず」となる。銅賞は水泳アニメ『Free!』で七瀬遙が「俺はフリーしか泳がない」と言うセリフ「俺はフリーしか泳がない」。ある出来事がきっかけでフリーにこだわるようになり、頑なにフリーにこだわり続ける姿、無口なのに「俺はフリーしか泳がない」だけはハッキリ発言する事が話題となった。

 4位~10位は「\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!」「にっこにっこにー」などがランクイン。また、「何の成果も得られませんでしたぁ!」「イェーガー!」と、『進撃の巨人』関連の流行語が銀賞に続いて6位と7位にもランクインしており、その人気がうかがえる結果となっている。

4位 …… \(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!(這いよれ! ニャル子さんW)
5位 …… にっこにっこにー(ラブライブ!)
6位 …… 何の成果も得られませんでしたぁ!(進撃の巨人)
7位 …… イェーガー!(進撃の巨人)
8位 …… 胸のキュンキュン止まらないよ(ドキドキ!プリキュア)
9位 …… カツドゥーン(はたらく魔王さま!)
10位 …… カニカニカニカニ(あいうら)

「ネット流行語大賞 2013」発表! 「バカッター」「ブラック企業」などランクイン

《花@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

    日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

  2. Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

    Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

  3. サイバー犯罪者に人気の電子カルテ、しかし10万台の医療機器がネットに露出(トレンドマイクロ)

    サイバー犯罪者に人気の電子カルテ、しかし10万台の医療機器がネットに露出(トレンドマイクロ)

  4. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  5. 「顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」柳井 政和(ブックレビュー)

  6. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  7. パフォーマンスを最も低下させるアプリはSamsung製アプリがトップに(Avast)

  8. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  9. IoT機器の遠隔操作を狙う通信が1年で6.4倍に増加--年次レポート(NRIセキュア)

  10. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×