カーナビソフトの海賊版をオークションで販売していた男性を逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

カーナビソフトの海賊版をオークションで販売していた男性を逮捕(ACCS)

ACCSは、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製されたカーナビゲーションソフトを販売していた大阪市の男性を著作権法違反の疑いで逮捕し、東京地検へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は12月9日、警視庁綾瀬署が12月3日、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製されたカーナビゲーションソフトを販売していた大阪市の男性を著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕し、12月5日に東京地検へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

この男性は2011年3月1日頃から4月4日頃までの間、前後3回にわたり株式会社ゼンリンが著作権を有するカーナビゲーションソフト「JAPAN MAP 10 DVD-ROM 全国版」が複製されたDVD+R合計4枚を、東京都の女性ほか2名に対し合計10,460円で販売していた(同製品の希望小売価格は17,000円)。男性はオークションにおいて「非売品」などと説明の上、海賊版を販売していたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×