ファイル共有ソフトによる著作権法違反の一斉取締りを全国で実施、30名逮捕(RIAJほか) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

ファイル共有ソフトによる著作権法違反の一斉取締りを全国で実施、30名逮捕(RIAJほか)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

一般社団法人 日本レコード協会(RIAJ)は12月1日、全国47都道府県の警察がファイル共有ソフト等を通じた、映画、音楽、アニメ、ゲーム、ビジネスソフトなどの著作権法違反事件について、2011年11月28日から30日までの間に過去最大規模の集中一斉取締りを実施したと、不正商品対策協議会(ACA)から連絡があったと発表した。

この集中一斉取締りによって全国で76箇所を捜索、30人を逮捕したという。ファイル共有ソフトを使用した著作権法違反の一斉取締りは2009年から実施されており、3回目となる今回は47都道府県すべての警察で行われた。これに伴い、同種事犯の効果的な取締りが全国で一層推進されることが期待されている。また取締り件数は、2001年11月に京都府警が検挙したWinMXを使用した著作権侵害事件の取締り以来、累計100件を突破し、125件(ACA調べ)となった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×