東京地方裁判所、オークションサイトへの不正出品者に関する発信者情報開示請求を認める判決 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

東京地方裁判所、オークションサイトへの不正出品者に関する発信者情報開示請求を認める判決

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は9月1日、オークションサイトへの不正出品者に関する発信者情報開示が認められたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は9月1日、オークションサイトへの不正出品者に関する発信者情報開示が認められたと発表した。

 ACCSによると、7月15日に東京地方裁判所はインターネットオークションの運営会社に対し、デジタルフォント製品を不正出品した出品者の契約者情報を含む発信者情報の開示を命じる判決を言い渡しましたとACCS会員会社から報告があったとのこと。

 本件は、ACCS会員会社からインターネットオークション運営会社に出品者の情報開示を請求したが非開示との回答であったため訴訟を提起したところ、東京地方裁判所はプロバイダ責任制限法に基づき、会員会社の有する商標権侵害を理由とする発信者情報開示請求を認めた。

 ACCS会員会社によると、今回の判決の結果開示された情報は、事実と異なる内容が登録されていた可能性があり、未だ出品者の特定に至っていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×