ファミコンソフトの海賊版を販売した男性を逮捕、CD-Rに1,135タイトル(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

ファミコンソフトの海賊版を販売した男性を逮捕、CD-Rに1,135タイトル(ACCS)

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月13日、岡山県警生活環境課と新見署が1月12日、権利者に無断で複製したファミコン用ゲームソフトを販売していた栃木県宇都宮市の無職男性(33歳)を著作権法違反の疑いで逮捕し、13日に岡山地検へ送致したことを

製品・サービス・業界動向 業界動向
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月13日、岡山県警生活環境課と新見署が1月12日、権利者に無断で複製したファミコン用ゲームソフトを販売していた栃木県宇都宮市の無職男性(33歳)を著作権法違反の疑いで逮捕し、13日に岡山地検へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

この男性は、2009年9月17日から2010年9月3日までの間、2回にわたり任天堂株式会社が著作権を有するゲームソフト「マイクタイソン・パンチアウト!!」ほか12点などを権利者に無断でCD-R2枚に複製し、新見市の男性ほか1人に対して販売していた。男性は、携帯電話からアクセスするオークションサイトを利用し「ファミコンソフト2,000本まとめて」と説明した上でゲームデータを複製したCD-Rを販売、CD-Rにはファミコンソフトのべ1,135タイトルのデータが格納されており、60,000円から74,800円で販売していた。
(吉澤亨史)

http://www2.accsjp.or.jp/criminal/2010/1027.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×