「進撃の巨人」「ONE PIECE」をYouTubeで公開していた男性を送致(ACCS) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

「進撃の巨人」「ONE PIECE」をYouTubeで公開していた男性を送致(ACCS)

ACCSによると、熊本県警サイバー犯罪対策課と芦北署は、「YouTube」を通じて、漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、北海道札幌市の会社員男性を著作権法違反の疑いで熊本地検八代支部に送致した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は12月3日、熊本県警サイバー犯罪対策課と芦北署が11月8日、動画投稿サイト「YouTube」を通じて、漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、北海道札幌市の会社員・30代男性を著作権法違反(公衆送信権侵害・出版権侵害)の疑いで熊本地検八代支部に送致したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2019年4月、株式会社講談社が発行する「『進撃の巨人』第116話『天地』」、株式会社集英社が発行する「『ONE PIECE』第328話『“海賊誘拐事件”』」を動画投稿サイト「YouTube」を通じて、権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権・出版権)を侵害した疑いが持たれている。

本件は、熊本県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡したことが端緒。男性は、自ら漫画雑誌を携帯端末で撮影して投稿していたほか、他の違法アップロードされた動画を入手・加工して転載していたものと見られるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×