赤十字職員が献血者の個人情報を盗難(2)「カトリーナ」を利用した詐欺が横行 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

赤十字職員が献血者の個人情報を盗難(2)「カトリーナ」を利用した詐欺が横行

●カトリーナ義援金を狙った詐欺

特集 特集
●カトリーナ義援金を狙った詐欺

昨年のハリケーン「カトリーナ」被害後、赤十字社の公式ページと間違うような、ロゴやイメージファイルを使ったフィッシングメールが送付された。ハリケーンで住まいを失った人々が、家を建てるための寄付を依頼するメッセージだった。

受信した人が募金のためにウェブサイトへアクセスしようとすると、赤十字社の公式ページそっくりの偽ウェブサイトへと送られる。注目すべきは、赤十字社のウェブサイトでは募金方法として、オンライン、電話や郵便などを選択できるようになっているが、偽ウェブサイトでもそれは同じで、非常に手が込んだものであったと言えよう。

さらにカトリーナ関連では、赤十字社が募金で集めたお金を、被災者へ配る際にも詐欺事件が発覚している…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×