業務利用のIDSとしてのSnortを検証する 第5回:Snort Tips | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

業務利用のIDSとしてのSnortを検証する 第5回:Snort Tips

特集 特集

●そのほかのトピック

 最終回となる今回では、これまでに触れることができなかった、しかし
Snortを利用するのであれば知っておくべき情報を、簡単にまとめておきたい。

(1)1-CD Snort

 1-CD Snortは、株式会社ネットエージェントが無償で配布している、その名
の通り1枚のCD-ROMからブートするだけでSnortを利用できるCD-ROMだ。Snort
に興味はあるものの、専用のマシンを用意することができない場合や、期間限
定でSnortを利用したい場合には、有力な選択肢の一つとなるだろう。

http://www.netagent.co.jp/1CDsnort.html

 現在公開されているVer.1.1βでは、シグネチャの自動更新を行う
Oinkmasterにも対応したため、ある程度であれば継続的に運用することもでき
るようになっている。1-CD Snort自体は限りなくコンパクトに作られているた
め(ファイルサイズ36MB程度)、実際に利用するにはそのマシンにWebもしく
はSSHでアクセスできるマシンが必要となるので、注意しておこう。ちなみに、
ログはメモリ上のRAMディスクに保管されるため、停止後に保存しておきたい
場合には、USBメモリなどの外部メディアが必要となる。

 必要最小限で構成されているものの、Webベースでの管理にも対応している
ため、Snortがどのようなものか知りたいのであれば、こちらで試してみると
いいだろう。

(2)Windowsで利用するSnort

 意外と知られていないが、WindowsでSnortを利用することもできる。事前に
にパケットキャプチャドライバであるWinPCAPを導入しておく必要はあるが、
それだけ済ませておけば、基本的にUNIX系OSと同様の操作をコマンドラインか
ら行うことができる。

【執筆:NTT東日本セキュリティオペレーションセンタ 日吉 龍】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×