携帯電話のセキュリティについて(1)携帯電話は個人のものか?会社のものか? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

携帯電話のセキュリティについて(1)携帯電話は個人のものか?会社のものか?

特集 特集

社員と機動的に連絡を取りたい、社内業務システムに社外からアクセスさせたいというように、携帯電話を日常の業務に使用させることは、今や企業においては当たり前のことになっています。

しかし、いざ情報セキュリティや個人情報保護の観点からの対策を進めようとすると、これらの携帯電話がいろいろと面倒な問題を引き起こす場合が多くなっています。また、パソコンとは異なって、画一的にセキュリティ対策を行うことが難しい特殊な事情もあります。

そこで、これから何回かに分けて、この「携帯電話のセキュリティ」に関して取り上げていきたいと思います。第一回は「携帯電話は個人のものか?会社のものか?」です。

●携帯電話を2台持つことの弊害

まず、携帯電話について考える際、意外に重要なことは「できれば携帯電話は1台の方がいい」ということです。携帯電話を2台持たなくてはならず、会社用と個人用に使い分けないといけないとしたら、あなたはどう思いますか?

1)いつも2台携帯しなければならない。
胸ポケットに入るのは1台だけなので、もう1台はカバンの中かな?
でもカバンの中だと着信音を鳴る設定にしておかないと、着信に気づかない。
でも会議中に着信音がなったり、昼食中とか、カバンを持ち歩かない時には気づかなかったり、不便だなあ。

2)いつも2台充電しなければならない。
2台充電する?充電器を2種類用意するということ?
面倒も2倍だなあ。

3)番号を使い分けなければならない。
ただでさえ、携帯の番号って覚えにくいのに、相手が仕事上の付き合いか、
個人的な付き合いかによって教える番号を使い分けるなんて、自分には無理かも。

4)私用電話がばればれ。
業務時間内に個人用の携帯が鳴って、話したりすると、私用電話であることがばればれ。落ち着いて話なんかできない。

すなわち、「携帯電話を2台持つことの弊害」があるということです。ですから、単純に会社のお金で携帯電話を配布すれば終わりとはならないのです。そして、これが携帯電話のセキュリティにも実は大きな影響を与えています。

【オプティマ・ソリューションズ株式会社・代表取締役 中康二】
 http://www.optima-solutions.jp

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

    [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  6. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  8. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第12回「社長面談」

  10. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×