迷惑メール対策として「Outbound Port25 Blocking」を5月に導入(So-net) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

迷惑メール対策として「Outbound Port25 Blocking」を5月に導入(So-net)

So-netは、迷惑メール対策としてポート25の利用を制限する「OutboundPort25 Blocking」を実施すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
So-netは、迷惑メール対策としてポート25の利用を制限する「OutboundPort25 Blocking」を実施すると発表した。

同送信経路を管理することで、So-netの送信用メールサーバを経由せずに、直接大量の迷惑メールを他プロバイダ等の送信用メールサーバ宛てに送信することを制限するのが狙い。これにより、ウイルスに感染したPCからの意図しない大量メール送信等を防ぐことができ、個人情報の流出防止にも役立つ。NTT東日本・NTT西日本のフレッツ網経由で接続している会員が対象で5月より実施予定。
また、これに先立ち3月からはサブミッションポート(Port587)も提供する予定。

http://www.so-net.ne.jp/option/mail/op25b/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×