暗号化・復号化を搭載した情報保護CD-Rを発売(リコー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

暗号化・復号化を搭載した情報保護CD-Rを発売(リコー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社リコーは3月1日、独自のハイブリッドCD-RのROM部分に暗号化、復号化ソフトを搭載した機密情報保護CD-R「CryptDisc」を3月14日に発売すると発表した。価格は103,950円(50枚パック:税込)からで、初回導入時に利用する専用ソフトは3,150円。CryptDiscは、暗号化を行う「鍵」そのものをさらに暗号化させて暗号を二重化するほか、復号化するための鍵とディスクを別々に管理することで、運搬中にディスクを紛失した場合でも情報漏洩を防止できる。また、一般的な暗号化ソフトウェアで暗号化したファイルを一般のCD-Rディスクに記録する場合と異なり、CryptDisc独自のコピーガードの仕組みにより、ディスクの複製による不正なデータ配布や改竄を防ぐことができる。

http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/cd_dvd/2005/0301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×