ファイアウォールだけで大丈夫ですか?不正侵入予防アプライアンス『ActiveScout』の効用 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

ファイアウォールだけで大丈夫ですか?不正侵入予防アプライアンス『ActiveScout』の効用

 情報資産の重要性が高まる中で、多くの企業はアンチウイルスソフトやファイアウォール更にはIDSを導入することによりセキュリティを高めようとしています。しかし、コンピュータウイルスやWorm、不正アクセスは複雑化、悪質化し、その脅威は増大する一方です。もはや、

特集 特集
 情報資産の重要性が高まる中で、多くの企業はアンチウイルスソフトやファイアウォール更にはIDSを導入することによりセキュリティを高めようとしています。しかし、コンピュータウイルスやWorm、不正アクセスは複雑化、悪質化し、その脅威は増大する一方です。もはや、企業の大切なネットワークセキュリティを考慮する上では、受け身のセキュリティ対策では、企業の情報資産を守りきれない状況であるといえるでしょう。

 そこで今注目を浴びているのが不正アクセスを能動的に防御するIPS(不正アクセス予防システム)というカテゴリの製品であり、ActiveScoutはこの代表的な製品であるといえます。ActiveScoutは、ファイアウォールの外側に設置され、外部から入ってくるトラフィックを監視し、ポートスキャンを始めとした不正アクセスの前兆である偵察行為を検知します。この時、偵察行為に対してニセ情報を送出することで相手をかく乱し、この偽情報を一度でも使用したIPアドレスからの通信はファイアウォールに達する前に能動的に防御することができます。

 特許取得済みのActive Responce Technologyという技術により、不正アクセスの特定をパターンマッチングではなく自らが作り出した偽情報を利用して実現しているため、誤検知がほとんどないというのも大きな特徴です。導入後も不正アクセス検知後のアラート対応やSignatureの更新作業等が必要ないため手間をかけずに運用することが可能です。

 また、セキュリティ製品は導入効果がなかなかわかりにくいという悩みも、本製品の不正アクセス源マッピング機能を用いることで、どれほどの効果を挙げているのかを一目で簡単に把握することができます。

 CTCSPではお客様のネットワークで実際にActiveScoutをお試しいただき、導入先ネットワークの実態、製品の効果を体験いただけるように下記のような「ActiveScoutおためしキャンペーン」(下記参照)を実施しています。


■『ActiveScoutおためしキャンペーン』(ご好評につき期間延長!10月末まで)
http://www.ctc-g.co.jp/~ctcsp/security/ActiveScout.html

######
当製品、キャンペーンについてのお問合せは、シーティーシー・エスピーまで。
Email: sp-admin@ctc-g.co.jp
http://www.ctc-g.co.jp/~ctcsp/

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×