【Macintosh セキュリティ特集】PGP Freeware | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

【Macintosh セキュリティ特集】PGP Freeware

国際 海外情報

 PGP Freeware 7.0.3 は個人ユーザ向け暗号化ソフトウェアで、米国およびカナダで出荷されている。


製品情報:
 プライバシーが守られているということは、意図された受信者のみがメッセージを読むことができる状況を指す。PGP はメッセージに暗号を施すことでネットワーク上での盗聴を阻む。たとえ情報が傍受されたとしても、盗聴者はその情報を読み取ることはできない。認証機能はその情報の発信元を識別し、それが本物であり、且つ改ざんされていないことを保証する。認証機能は、ネットワーク・セキュリティにおいて非常に有用なツールも提供する。それは本人確認だ。PGP はメッセージの安全性の確保に加えて、安全なデータ保存も提供する。つまり、自身のコンピュータに保存したファイルを暗号化できるのだ。バージョン 6.5.2 には PGPnet や Self-Decrypting Archives (SDA) も含まれている。PGPnet は強力な VPN クライアントで、安全なピアツーピアの IP ベースのネットワーク接続を可能にする。また Self-Decrypting Archives (SDA) はPGP がない相手とも安全な情報交換を可能にするものだ。

見解:
 このアプリケーションは、PGP キーの作成およびデータの暗号化/復号化を可能にする。また、フリーウェアのアプリケーションを使用することで、プライバシー確保のためのセキュリティや暗号を試してみることができる。

ダウンロードバージョン:
 PGP Freeware は PGP.com Macintosh Download( http://www.pgp.com/products/freeware/agreement-mac.asp )で入手可能。


機能:

1.PGPnet - PGPnet は PGP の歴史上、画期的な製品といえる。PGPnet は自身と PGPnet を実行している他のあらゆるマシン間の全 TCP/IP 通信の安全を確保する。同製品は Gauntlet GVPN ファイアウォール/ゲートウェイと互換性があり、業界標準 IPSec (Internet Protocol Security) および IKE (Internet Key Exchange) プロトコルを用いて企業のリモートアクセス VPNの完全なソリューションを提供している。PGPnet は Cisco ルータ (Cisco IOS 12.0(4) もしくは IPSec TripleDES Feature Pack を持つそれ以降のバージョンが必要)、Linux FreeS/WAN およびその他の多くの製品で正しく動作することをテストされている。PGPnet は X.509 に加えて認証用 OpenPGP キーの使用を完全にサポートする最初の IPSec 製品でもある。

2.Self-Decrypting Archives - PGP を持っていないユーザでも Self-Decrypting Archives (SDA) にファイルやフォルダを暗号化して保存できる。そのアーカイブは、他のアプリケーションから完全に独立しており、PGP の強力な暗号化で圧縮且つ保護される。パスフレーズなしでその機能を使用することにより、暗号化されていないコンパクトな Self-Extracting Archives (SEA) も作成できる。その結果生じるアーカイブは PowerPC および 68K Mac 双方で稼働し、CAST を用いて暗号化される。


[情報提供:SecureMac]
http://www.securemac.com/

[翻訳:関谷 麻美]
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×