BitKeeperに対する攻撃用プログラム | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

BitKeeperに対する攻撃用プログラム

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、一般に出回っているソースコード管理システムBitKeeperに対する攻撃用プログラムで、ローカル用とリモート用の両方が出回っている。BitKeeperプログラムをデーモンとして実行することで、リモートユーザーがそこにア

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、一般に出回っているソースコード管理システムBitKeeperに対する攻撃用プログラムで、ローカル用とリモート用の両方が出回っている。BitKeeperプログラムをデーモンとして実行することで、リモートユーザーがそこにアクセス可能となる。このモードでBitKeeperは、ユーザー入力を適切にチェックしないまま、バイナリの「diff」をshellコマンドに対してパラメーターとして呼び出す。そのため、リモート攻撃者がshellのメタ文字列を挿入することで、BitKeeperサーバーを実行しているユーザーになりすましてコマンドを実行することが出来る。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:42 GMT、01、13、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×