【At your own risk】(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

【At your own risk】(執筆:office)

特集 特集

 もう使い古されたといってよいほどの言葉だが、インターネットでの原則は自己責任"At your own risk"だ。しかし、この言葉が繰り返された回数とは裏腹に自己責任の概念は浸透してない。"At your own risk"という言葉には様々な重要な概念が含まれていてそれを多角的に論じることができるが、今回はセキュリティに関連する視点からその意味について考えてみる。

[他人に頼る心理構造]

 初心者がコンピュータやネットワークの設定をする時、あるいは何らかのトラブルが発生した時に、往々にして自分で資料を調査することなく身近な人物やインターネット上のML、BBSで安易に質問してしまう。そして「マニュアルを読め」「logに載っている」「FAQを調べろ」「自分で検索しろ」との罵声がいつものごとく繰り返される。

 冷静に考えれば、人に尋ねてその記憶に頼って答えてもらっても、それが正確である保証はあまりない。にもかかわらず初心者だけでなく上級者でさえ人に尋ねてしまいがちなのは何故なのだろうか?

 ネットワークセキュリティを離れて別の状況を考えてみよう。仕事上の用事であなたが上司と連れ立って初めての路線の電車に乗ろうとしている時、上司が部下であるあなたに乗るべき列車はどのホームのいつの列車であるか尋ねたとしよう。あなたは駅に掲示してある時刻表、駅構内地図、行く先案内などを調べるだろうか?あるいは、あなたがそれらの資料を調べようとし始めたその時に待ちきれない上司はあなたに声をかけはしないだろうか?「駅員さんに聞けよ」と。そう、何故あなたは自分で調べずに駅員さんに尋ねるのだろう?
 ちょっとしたミスがあって、乗るべき列車が隣のホームからの発車であることが判明したとしたら、上司はどう反応するだろうか?あなたが資料を調べて間違ったホームを答えたのなら、上司は調べたあなたの責任を問うだろう。だが、駅員が間違った答えをしたことが判明したのなら、上司は「あの駅員め!」と悪態をつくかも知れないが、あなたの責任は(さして)問わないだろう。あなたは列車の発車に関する調査について自分の責任を回避し、駅員に責任を押し付けたのだ。不思議なことに上司もあなたが自分で資料にあたらず駅員の曖昧な記憶に頼ったことを責めもせず、あるいはそれを奨めた自分を責めもせず、外部の責任であるとして何故か納得してしまうことが多いだろう。
 この自分や身内の責任を放棄し、外部の責任にしたい気持ちが「人に情報を頼る」行為に反映されていることがおわかりになるだろうか。


office
academic office
http://www.office.ac/

(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/scan/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  6. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  7. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第12回「社長面談」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×