国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)(2 ページ目) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)(2 ページ目)

Telnetへの攻撃がわずかに増加、引き続きIoT機器を狙う攻撃が顕著(NICT) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Telnetへの攻撃がわずかに増加、引き続きIoT機器を狙う攻撃が顕著(NICT)

NICTは、「NICTER観測レポート2019」を発表した。

のべ1,328件がログイン可、感染IoT機器は最大598件--NOTICE取組状況(総務省、NICT、ICT-ISAC) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

のべ1,328件がログイン可、感染IoT機器は最大598件--NOTICE取組状況(総務省、NICT、ICT-ISAC)

総務省、NICT、ICT-ISACは、「NOTICE」ならびにNICTのNICTERプロジェクトによりマルウェアに感染していることが検知された機器の利用者への注意喚起を行う取り組みの実施状況について発表した。

量子鍵配送ネットワークの取り組みでITU-T勧告が成立(NICT、NEC、東芝) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

量子鍵配送ネットワークの取り組みでITU-T勧告が成立(NICT、NEC、東芝)

NICT、NEC、東芝が開発してきた量子鍵配送ネットワーク技術の成果を盛り込んだ国際標準勧告が、6月28日にジュネーブにて開催された「ITU-T SG13会合」にて、Y.3800(量子鍵配送をサポートするネットワークのフレームワーク)勧告として承認された。

のべ147件がログイン可、感染IoT機器約150件 -- NOTICE取組状況(総務省、NICT、ICT-ISAC) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

のべ147件がログイン可、感染IoT機器約150件 -- NOTICE取組状況(総務省、NICT、ICT-ISAC)

総務省、NICT、ICT-ISACは、「NOTICE」ならびにNICTのNICTERプロジェクトによりマルウェアに感染していることが検知された機器の利用者への注意喚起を行う取り組みの実施状況について発表した。

「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

総務省、NICT、ICT-ISACは、マルウェアに感染しているIoT機器の利用者に対する注意喚起の実施について発表した。

セキュリティ情報融合基盤「CURE」、NIRVANA改など複数の脅威情報を統合(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティ情報融合基盤「CURE」、NIRVANA改など複数の脅威情報を統合(NICT)

NICTサイバーセキュリティ研究室は、多種多様なサイバーセキュリティ関連情報を大規模集約・横断分析するセキュリティ情報融合基盤「CURE」(キュア)を開発したと発表した。

Telnetへの攻撃は大きく減少するも、半数以上がIoT機器を狙う攻撃(NICT) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Telnetへの攻撃は大きく減少するも、半数以上がIoT機器を狙う攻撃(NICT)

NICTは、「NICTER観測レポート2018」を発表した。NICTサイバーセキュリティ研究所は、NICTERプロジェクトにおいて大規模サイバー攻撃観測網(ダークネット観測網)を構築し、2005年からサイバー攻撃関連通信の観測を続けている。

不正送金の検知精度向上に向けた実証実験で、参加金融機関を募集(NICT、神戸大学、エルテス) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

不正送金の検知精度向上に向けた実証実験で、参加金融機関を募集(NICT、神戸大学、エルテス)

NICT、神戸大学、エルテスは、プライバシー保護深層学習技術により、不正送金の検知精度向上に向けた実証実験を開始すると発表した。

IoT機器へのアクセスによるリスク調査、2月20日より開始(総務省、NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

IoT機器へのアクセスによるリスク調査、2月20日より開始(総務省、NICT)

総務省およびNICTは、「IoT機器調査及び利用者への注意喚起の取組『NOTICE』の実施」を発表した。

ブラウザでWeb媒介型攻撃の観測・分析、対応を行う「タチコマSA」無償配布(NICTほか) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ブラウザでWeb媒介型攻撃の観測・分析、対応を行う「タチコマSA」無償配布(NICTほか)

KDDI総合研究所、セキュアブレイン、横浜国立大学、神戸大学、構造計画研究所、金沢大学、岡山大学、NICTは、NICTの委託研究「WarpDrive」において、ユーザ参加型の実証実験を開始した。

サイバー演習シナリオや演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバー演習シナリオや演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発(NICT)

NICTナショナルサイバートレーニングセンターは、より効率的で低コストなサイバー演習を実現するサイバー演習自動化システム「CYDERANGE」を開発したと発表した。

ダークネット観測網への攻撃の半数以上がIoT機器を標的、手法も高度化(NICT) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ダークネット観測網への攻撃の半数以上がIoT機器を標的、手法も高度化(NICT)

NICTは、「NICTER観測レポート2017」を発表した。

2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

NICTは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関連組織のセキュリティ担当者等を対象とした、高度な攻撃に対処できる人材を育成する実践的サイバー演習「サイバーコロッセオ」を、総務省と連携し2018年2月から実施すると発表した。

セキュリティは「データ」が命、NICT が解析環境をさらに強化 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 睦美

セキュリティは「データ」が命、NICT が解析環境をさらに強化

年々「増加」し、「巧妙」化が進むと言われるサイバー脅威。だが、本当にそうなのだろうか。攻撃の実データを見ることなく、既成概念にとらわれて右往左往していないだろうか。

仮想の企業をネットワーク上に構築、サイバー攻撃を誘引し挙動を観測(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

仮想の企業をネットワーク上に構築、サイバー攻撃を誘引し挙動を観測(NICT)

NICTは、標的型攻撃等のサイバー攻撃対策に効果的なサイバー攻撃誘引基盤「STARDUST」を開発したと発表した。

サイバーセキュリティ分野で協力、連携して研究を促進(NICT、シスコ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバーセキュリティ分野で協力、連携して研究を促進(NICT、シスコ)

NICTは、シスコとの間でサイバーセキュリティ分野での研究協力に関する覚書を締結したと発表した。

ナショナルサイバートレーニングセンター設置、CYDERの拡充や人材育成を実施(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ナショナルサイバートレーニングセンター設置、CYDERの拡充や人材育成を実施(NICT)

NICTは、実践的なサイバートレーニングを企画・推進する組織として「ナショナルサイバートレーニングセンター」を4月1日付けで設置したと発表した。

出張帰途の車内でノートPCを紛失、業務に関する個人情報のファイルを保存(NICT) 画像
インシデント・事故 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

出張帰途の車内でノートPCを紛失、業務に関する個人情報のファイルを保存(NICT)

NICTは、業務の関係するファイルが保存されたノートPCの紛失が判明したと発表した。

サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」が大幅に機能強化(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 赤坂薫@RBB TODAY

サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」が大幅に機能強化(NICT)

 情報通信研究機構(NICT)のサイバーセキュリティ研究室が開発している、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」(ニルヴァーナ・カイ)。先進的なビジュアルは、まるでアニメ『攻殻機動隊』が現実化したようで、発表以来、注目を集めている。

Twitterから災害状況を地区別に要約する事を可能としたシステムを参考展示(NICT) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 防犯システム取材班/小池明@RBB TODAY

Twitterから災害状況を地区別に要約する事を可能としたシステムを参考展示(NICT)

 27日まで東京ビッグサイトで開催されていた「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2016」において、情報通信研究機構(NICT)は、Twitterに公開されるツイート情報から、大規模災害時の被災状況をリアルタイムに把握するシステム「DISAANA」の最新版と

日本語ツイートの100%を対災害SNS情報分析システムの対象に、被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルをより網羅的に把握(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY

日本語ツイートの100%を対災害SNS情報分析システムの対象に、被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルをより網羅的に把握(NICT)

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は25日、これまで日本語ツイートの10%を対象として試験公開してきた対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」(DISAster-information ANAlyzer)について、期間限定で日本語ツイート

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 2 of 5
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×