NICT、3Dモデリングの Interop Tokyo 2021 展示会場オンライン公開 | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

NICT、3Dモデリングの Interop Tokyo 2021 展示会場オンライン公開

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は6月15日、「Interop Tokyo」での展示と講演をオンラインで再現し、期間限定で公開した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は6月15日、「Interop Tokyo」での展示と講演をオンラインで再現し、期間限定で公開した。

 NICTでは4月14日から16日に「Interop Tokyo 2021」で展示された、サイバーセキュリティ研究室の研究開発並びに技術移転の紹介、ナショナルサイバートレーニングセンターの事業紹介、会場で行われた講演を3Dモデリングされたバーチャルブースで再現、6月15日から7月31日までの期間限定で公開した。

 「Interop Tokyo 2021」では、IPv6に対応したサイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」についても解説したサイバーセキュリティ研究室による「サイバーセキュリティ研究の最前線」、ナショナルサイバートレーニングセンターによる「持続可能なセキュリティ人材の供給に向けて」の講演が視聴可能。

 NICTブースでは、来客者にパネルで「この一年でサイバー攻撃が増えたと感じましたか?」と業種別に「Yes/No」で質問したところ、殆どの業種で「Yes」と回答していた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×