超広帯域400Gbps回線による複数組織間とのIP映像伝送及びペネトレーションテストに成功 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

超広帯域400Gbps回線による複数組織間とのIP映像伝送及びペネトレーションテストに成功

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月22日、超広帯域400Gbps回線による複数組織間とのIP映像伝送及びペネトレーションテスト等に成功したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月22日、超広帯域400Gbps回線による複数組織間とのIP映像伝送及びペネトレーションテスト等に成功したと発表した。

 産業サイバーセキュリティセンター(ICSCoE)は2月5日から11日に、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が実施した「超高精細映像を用いた広域映像配信実証実験」で、 NICT運営のJGN、国立情報研究所(NII)運営のSINET6、サイバー関西プロジェクト(CKP)と連携し、北海道(札幌)、東京、大阪の区間にて世界初となる伝送速度400Gbpsによる複数組織間におけるIP映像伝送及びペネトレーションテスト等の実証実験に成功したという。

 IPAでは、中核人材育成プログラムの5期受講者、修了者を中心にペネトレーションテストチームを編成し、本実験に参加、映像配信・放送業界における新技術を含め、映像制御機器やネットワーク機器に対する様々なセキュリティ脆弱性検証を行った。さらに、伝送速度400Gbps区間を含むIP映像伝送バックボーンに対するペネトレーションも行い、新たな脆弱性を発見した。

 今回のペネトレーションテスト等で得られた結果や知見は、コントリビュートしたメーカー各社へフィードバックし、問題解決や製品の耐性強化などに活用される。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×