NICT、実践的サイバー防御演習CYDER「オンラインAコース」提供開始 | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

NICT、実践的サイバー防御演習CYDER「オンラインAコース」提供開始

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は11月9日、実践的サイバー防御演習CYDERの「オンラインAコース」を同日から提供開始した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は11月9日、実践的サイバー防御演習CYDERの「オンラインAコース」を同日から提供開始した。

 NICTではこれまで、NICTが有する大規模サーバー群「StarBED」上に大規模組織のネットワークを模した環境を構築し、その上でサイバー攻撃を擬似的に発生させ、一連のインシデント対応を最大4人のグループでロールプレイ形式で体験できるCYDERの集合演習を提供してきたが、本コースの提供で、時間的・地理的要因等で既存の演習への参加が困難であったユーザーも、サイバーインシデント対応を自宅や職場から体験が可能となる。

 「オンラインAコース」では、「集合演習Aコース」のシナリオを個人学習向けに最適化、またグループメンバーと協調しながら課題に取り組む集合演習と両方受講することで、一層理解が深まるように設計されている。
また本コースは、「受講者の都合や学習ペースに合わせて受講が可能」「Webブラウザのみで演習が完結」「仮想演習端末にアクセスして実機演習を実施」の3つの特徴を持つ。

 CYDER「オンラインAコース」は、2021年11月9日から2022年3月初旬まで受講可能で、受講時間は事前学習1時間程度と 演習1日間を想定、受講費用は国の機関、地方公共団体等に所属している者は無料で、それ以外は77,000円。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×