【画像】企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA) (4/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA) 4枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

営業秘密が漏えいしにくい環境を作るためのシステム的な対策への取組状況の比較
営業秘密が漏えいしにくい環境を作るためのシステム的な対策への取組状況の比較

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. 2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

    2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

  3. Facebookの“いいね”機能を乗っ取るマルウェアが急増--四半期レポート(マカフィー)

    Facebookの“いいね”機能を乗っ取るマルウェアが急増--四半期レポート(マカフィー)

  4. 最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前

  5. IoT機器への不正アクセスが目的と思われる、MQTTによる探索行為が増加(警察庁)

  6. 日本に精通した標的型攻撃「BRONZE BUTLER」の詳細レポートを公開(SecureWorks)

  7. 「違法ダウンロード」17.4%が経験あり、著作権法改正・施行の認知率などに関する調査結果を公表(オリコン)

  8. 制御システムにおけるリスク分析の手法や活用法を掲載したガイドを公開(IPA)

  9. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  10. BCP策定済みの企業は14.3%にとどまる、策定しない理由は「スキル不足」(帝国データバンク)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×