【画像】企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA) (4/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.19(土)

企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA) 4枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

営業秘密が漏えいしにくい環境を作るためのシステム的な対策への取組状況の比較
営業秘密が漏えいしにくい環境を作るためのシステム的な対策への取組状況の比較

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

    日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  2. 未知のマルウェアの急増とモバイルデバイスの対策の遅れなど指摘(チェック・ポイント)

    未知のマルウェアの急増とモバイルデバイスの対策の遅れなど指摘(チェック・ポイント)

  3. 金融機関が無償で提供するセキュリティ対策ソフトの認知率は18%(FFRI)

    金融機関が無償で提供するセキュリティ対策ソフトの認知率は18%(FFRI)

  4. 2011年の日本企業の漏えいコストは平均2億円超--漏えい事件ベンチマーク(シマンテック)

  5. IoTデバイスの開発者向けのセキュリティガイドラインを公開(トレンドマイクロ)

  6. 近年の情報システムを取り巻く脅威をとりまとめたレポートを公開(IPA)

  7. スマートデバイスを飲食店に置き忘れるケース、忘年会シーズンがほぼ半数(MOTEX)

  8. HTTPS移行とクラウドアプリ利用の増加で、脅威やデータの可視性が低下(フォーティネットジャパン)

  9. トップ10の7種がドライブ・バイ・ダウンロード攻撃関連--4月度レポート(マカフィー)

  10. 3人に2人の医師が熱中症患者を診察、2013年夏の猛暑による健康被害状況についてインターネット調査を実施(Qlife)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×