【画像】SIMを活用したIoTセキュリティ技術を開発、不正な遠隔操作やなりすましの防止が可能に(KDDI、KDDI総合研究所) (1/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

SIMを活用したIoTセキュリティ技術を開発、不正な遠隔操作やなりすましの防止が可能に(KDDI、KDDI総合研究所) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

SIMを活用したIoT機器通信向け暗号鍵管理技術の開発と遠隔保守の実証は世界初。SIMは高いセキュリティ耐性を持ち、暗号鍵を発行するアプリを組み込むことで安全な通信路を構築できるため、外部からの不正改竄などを排除することができる(画像はプレスリリースより)
SIMを活用したIoT機器通信向け暗号鍵管理技術の開発と遠隔保守の実証は世界初。SIMは高いセキュリティ耐性を持ち、暗号鍵を発行するアプリを組み込むことで安全な通信路を構築できるため、外部からの不正改竄などを排除することができる(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. スパイウェア対策を強化した「TKCウィルス対策プログラム」16万本を無償で提供(TKC)

    スパイウェア対策を強化した「TKCウィルス対策プログラム」16万本を無償で提供(TKC)

  4. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  5. 公共団体や個人向けにソーシャルメディアサービスの活用指針を公開(経済産業省)

  6. 標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通)

  7. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  8. IoT セキュリティ 6 つの課題、ルーマニアの技術が生んだ新市場

  9. コネクテッドカーのセキュリティを確保するためのモジュールを共同開発(カスペルスキー、ドイツAVL)

  10. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×