【画像】2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!) (3/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!) 3枚目の写真・画像

インシデント・事故

米ヤフー、約5億人のユーザーデータのハッキング被害を告白!
米ヤフー、約5億人のユーザーデータのハッキング被害を告白!

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 学外へ約10万通のスパムメールを送信、個人情報が格納されたNASを踏み台に(首都大学東京)

    学外へ約10万通のスパムメールを送信、個人情報が格納されたNASを踏み台に(首都大学東京)

  2. OCN IDのサーバに不正アクセス、最大約400万のアカウント情報が流出か(NTT Com)

    OCN IDのサーバに不正アクセス、最大約400万のアカウント情報が流出か(NTT Com)

  3. 「MyJCB」に不審なアクセスが繰り返される、パスワード変更を呼びかけ(JCB)

    「MyJCB」に不審なアクセスが繰り返される、パスワード変更を呼びかけ(JCB)

  4. 小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

  5. 多数の市町村での不具合発生を受け、全国瞬時警報システムの全国一斉自動放送等訓練結果を発表(消防庁)

  6. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  7. 「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

  8. 外部アンケートシステムの不具合で個人情報を閲覧された可能性(ヤマハ)

  9. 中学校教諭が個人情報を記録したUSBメモリを紛失(大阪市)

  10. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×