2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!) | ScanNetSecurity
2020.07.11(土)

2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!)

米Yahoo!(ヤフー)は現地時間22日、2014年に大規模なハッキング被害に遭っていたことを明かした。同社は国家による支援を受けたハッカーが関与しているとみている。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 米Yahoo!(ヤフー)は現地時間22日、2014年に大規模なハッキング被害に遭っていたことを明かした。同社は国家による支援を受けたハッカーが関与しているとみている。

 今回、同社が明かしたハッキング被害の対象は、少なくとも約5億人分のユーザーデータ。名前、電子メールアドレス、電話番号、生年月日などの主だったアカウント情報が対象となっている。

 セキュリティーに関する質問およびその答えは、暗号化されていたものと、そうでなかったものがあるものの、パスワード、クレジットカードデータ、銀行口座情報については流出していないと説明している。

 同社は、2014年以降パスワード変更を行っていないすべてのユーザーに対し、速やかにパスワードを変更することを求めているほか、リンクをクリックしたり、不審な電子メールから送信された添付ファイルをダウンロードしたりしないよう、注意喚起を行っている。

米ヤフー、約5億人のユーザーデータのハッキング被害を告白!

《Tsujimura@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×