【画像】2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!) (2/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.14(木)

2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!) 2枚目の写真・画像

インシデント・事故

Yahoo!のCEOを務めるマリッサ・メイヤー氏(C)Getty Images
Yahoo!のCEOを務めるマリッサ・メイヤー氏(C)Getty Images

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. Webショップに不正アクセスでカード情報流出の可能性(城山観光)

    Webショップに不正アクセスでカード情報流出の可能性(城山観光)

  2. 「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

    「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

  3. 「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

    「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

  4. 脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

  5. ショッピングサイト「EIC-BOOK」に不正アクセス、カード情報が漏えい(ウェブサービス)

  6. 「ワタシプラス」に大量のログイン試行、682件の不正ログインが発生(資生堂)

  7. 1月28日のWeb改竄情報

  8. ホームページへの不正アクセスが判明、約43万件の個人情報が流出の恐れ(日本テレビ)

  9. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  10. 「ベビカム」に不正アクセス、17万件以上の会員情報が漏えい(デジタルブティック)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×