【画像】[RSA Conference 2016 USA] 数十万台のデバイスのフォレンジックを15秒で実現するEDR技術 ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

[RSA Conference 2016 USA] 数十万台のデバイスのフォレンジックを15秒で実現するEDR技術 ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く 1枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

米タニウム社 チーフセキュリティアーキテクト Ryan Kazanciyan 氏
米タニウム社 チーフセキュリティアーキテクト Ryan Kazanciyan 氏

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

    総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

  2. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

    2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  3. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第2回「今求められるSOC、CSIRTの姿とは~世界の攻撃者をOMOTENASHIしないために~」について語る

    企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第2回「今求められるSOC、CSIRTの姿とは~世界の攻撃者をOMOTENASHIしないために~」について語る

  4. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  5. 成功した CSIRT が準備期間にやっていたこと

  6. 「CODE BLUE 2017」Day0 サイバー犯罪対策特別トラックの全プログラムを公開(CODE BLUE事務局)

  7. LINE が取り組む 10 のセキュリティ対策…インフラは? アプリ開発は? 乗っ取り対策は?

  8. ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

  9. 「CODE BLUE 2017」は11月、一般向けおよび女性向けCTF国際大会を初開催(CODE BLUE事務局)

  10. イスラエル発のコミュニティイベント「Cybertech Tokyo 2017」を開催(Cybertech Tokyo実行委員会)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×