【画像】帽子のカラーコードを用いた入退室管理ソリューションを展示(食品施設計画研究所) (2/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.20(日)

帽子のカラーコードを用いた入退室管理ソリューションを展示(食品施設計画研究所) 2枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

本来入室する権限がない人物を同行させることも可能だが、個別認証で履歴も残るため不正な共連れは防ぐことができる(撮影:防犯システム取材班)
本来入室する権限がない人物を同行させることも可能だが、個別認証で履歴も残るため不正な共連れは防ぐことができる(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

    開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

  2. 自動車へのハッキングはどうやって守るのか? カギはHSM

    自動車へのハッキングはどうやって守るのか? カギはHSM

  3. これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

    これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

  4. [レポート] インシデントレスポンスの初動から終息までのフロー ~ Trend Micro DIRECTION

  5. 国内11の自動車関連 Android アプリの危険性~遠隔操作は可能か (CODE BLUE 2016)

  6. [Security Days Spring 2017 インタビュー] ソフトバンクが惚れ込んだ標的型攻撃対策のEDR製品(サイバーリーズン・ジャパン)

  7. CODE BLUE 2015 セッションレポート 第6回 「バッファオーバーフローが大好き」という学生が考えたスタックカナリア回避法

  8. セキュリティとユーザーエクスペリエンスは本当にトレードオフなのか

  9. 【防犯防災総合展2015】初期コストを抑えることが可能な防犯カメラレンタルサービス(ケービデバイス)

  10. CODE BLUE 2016 本日より開催、事前登録数 700 名突破

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×